ヨーグルトと健康

ヨーグルトと健康

ヨーグルトと菌について

乳酸菌について

生きたまま腸まで届く乳酸菌

生きているから働く乳酸菌

体は生きていくために、さまざまな栄養素が必要です。それにも増して乳酸菌が注目されているのは、乳酸菌が栄養素とは違って生きているから。生きたまま腸まで届く乳酸菌は、腸の中でも生命を維持するために、ブドウ糖や乳糖などを分解して乳酸を産生しながら増殖します。すると、腸内は酸性になり、悪玉菌の増殖が抑えられて有害物質が減少します。こうした健康効果が期待できるのは、生きている乳酸菌ならではです。
さらに乳酸菌が素晴らしいのは、生きたまま届くものだけでなく、死滅した後でも腸内で有効な働きをすること。最近では、生きたまま腸に届いて効果を発揮する乳酸菌とともに、死滅しても働く乳酸菌の健康効果を調べる研究が進められています。

生きた乳酸菌の食べ方

乳酸菌にはいくつもの種類があるため、摂取して腸まで届くものとそうでないものがあります。種類によって胃酸や胆汁酸に強いものと弱いものがあるのです。また、これまでの臨床試験では、腸まででなく腸を通り過ぎた後、つまり便として排泄された後も生き続ける乳酸菌がいることがわかっています。
「生きたまま腸まで届く」とされているヨーグルトなどは、含まれている乳酸菌が腸まで届くことが実証されています。とはいえ、乳酸菌は生き物なので温度やpHによって、生存率は変わると予想されます。死滅した後でも有益な働きをするとはいえ、できることなら生きたまま摂取したいもの。生存率を少しでもよくするためには、パッケージなどに書かれている保存方法を守り、加熱などをせずそのまま食べるようにしましょう。

ダノンだけの高生存ビフィズス菌BE80とは?
お願い 正しい便秘のケアを行いましょう

大半の便秘は排便機能の障害により起こる「機能性便秘」であり、症状が軽い場合は食事や運動などの生活習慣の改善によって解消されます。しかし、病気や疾患などが原因である「器質性便秘」の場合や、重度の便秘は専門医の診断と治療が必要です。誤った便秘のケアを続けることは腸閉塞等の原因となる可能性があります。便秘の正しいケアのためには必ず専門医の受診と、継続的な治療や健康的な生活習慣の維持を行ってください。



ページトップへ