ヨーグルトと健康

ヨーグルトと健康

ヨーグルトと菌について

乳酸菌について

植物性乳酸菌食品

植物性乳酸菌とは?

乳酸菌というとヨーグルトやチーズなどの乳製品――「乳」からできた食べ物が思い浮かぶケースが多いようです。しかし、乳酸菌は乳製品以外の食べ物にも含まれています。動物性食品であれば、くさや、キャビック、スールストロミングなど。植物性食品なら、みそやしょうゆなどの醸造食品、漬物、キムチ、ザーサイ、サワークラウト、チャツネ、テンペなどです。意外にも植物性の発酵食品がたくさんあります。
実は牛乳などの乳の他にも、乳酸菌はさまざまな食べ物に生息しています。その中で植物性食品に存在している乳酸菌が植物性乳酸菌です。漬物は野菜に存在している「ラクトバチルス プランタラム菌」や「ロイコノストック メセンテロイデス菌」など、みそやしょうゆは「テトラジェノコッカス ハロフィルス菌」、日本酒は「ラクトバチルス サケ菌」や「ロイコノストック メセンテロイデス菌」と、さまざまな乳酸菌がいろいろな発酵食品を作るために利用されています。

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違い

乳酸菌にとって野菜などの植物性食品は、動物性食品の乳と比べると過酷な環境であまり居心地はよくありません。そのためか、植物性乳酸菌はとてもたくましく、動物性乳酸菌が生息できないような条件下でも生きられます。
植物性乳酸菌は、他の微生物と共生したり高濃度の塩分の中でも生きられるのが特徴的。その特性を活かして麹菌などを用いて作られるのが、みそ、しょうゆ、日本酒などの醸造食品です。乳と動物性乳酸菌を利用して作るヨーグルトやチーズには、製法や同時に用いる乳酸菌などによってさまざまな種類があります。しかし、存在している食品が多岐にわたるため、動物性乳酸菌以上に植物性乳酸菌を使った発酵食品の幅は広く、日本はもちろんのこと世界各国の食文化の中に溶け込んでいます。

ダノンだけの高生存ビフィズス菌BE80とは?


ページトップへ