ヨーグルトと健康

ヨーグルトと健康

おなかの悩み相談

便秘の基礎知識

便秘の種類と原因

「習慣性便秘」の3タイプ

便秘のタイプは、大きく分けて「器質性便秘」と「機能性便秘」があります。「器質性便秘」とは腸に関する病気が原因で起こる便秘のことをいい、「機能性便秘」は、排便機能の障害により起こる便秘です。「機能性便秘」は、さらに「一過性便秘」と「習慣性便秘」に分けることができます。旅行などによる、環境の変化から起こる「一過性便秘」の主な原因は、緊張やストレス、また食物繊維不足や水分不足によっても発症するもので、原因が分かれば比較的自然に収まります。「習慣性便秘」は、生活習慣や食生活が原因として発症する便秘です。これはさらに3タイプに分けられます。一つ目は「直腸性便秘」。便が直腸(便が外に出る手前の場所)まで運ばれているにもかかわらず、大脳にその刺激が伝わらないために発生する便秘です。二つ目は、「けいれん性便秘」。主に疲れやストレスが原因で発症する便秘です。三つ目は「弛緩性便秘」。便意があるのにお腹が張ってしまう、女性や高齢者によく見られる便秘です。3つのタイプに共通する原因として、「腸内細菌叢のバランスの乱れ」が考えられます。

3種類の便秘に共通する対策法は?

人間の腸の中には100兆個もの腸内細菌が存在し、それらは乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌、大腸菌やウェルシュ菌などの悪玉菌、どちらにも属さない中間の日和見菌に分類できます。善玉菌が悪玉菌の働きを抑え、腸内細菌を一定のバランスに保つことで健康な腸内環境が維持されます。ところが、悪玉菌が増えるとアミノ酸やタンパク質などの分解が促進され、アンモニアなどの有毒ガスや有害物質が発生します。これにより腸の活動が低下し、便秘が発生します。健康的な腸内環境を保つためには、日常的に乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を摂取し、腸内細菌のバランスを整えることが必要です。

おなかの張りで悩んでいませんか?
お願い 正しい便秘のケアを行いましょう

大半の便秘は排便機能の障害により起こる「機能性便秘」であり、症状が軽い場合、食事や運動などの生活習慣の改善によって解消されます。しかし、病気や疾患などが原因である「器質性便秘」の場合や、重度の便秘は専門医の診断と治療が必要です。誤った便秘のケアを続けることは腸閉塞等の原因となる可能性があります。便秘の正しいケアのためには必ず専門医の受診と、継続的な治療や健康的な生活習慣の維持を行ってください。



ページトップへ