ヨーグルトと健康

ヨーグルトと健康

おなかの悩み相談

おなかの悩み相談

オリゴ糖と便秘の関係

オリゴ糖とは?

糖質は、糖の最小単位となる単糖類、単糖が数個結びついた少糖類、さらに多くの単糖が結合した多糖類に分類されます。オリゴ糖は、ブドウ糖や果糖などの単糖が、複数個結合している少糖類です。消化・吸収されてエネルギー源になるものとならないものがあり、後者は消化されずに腸に達するため、腸内に存在している善玉菌のビフィズス菌のエサとなります。
オリゴ糖には、ビフィズス菌を増やして便秘を予防・解消するほか、砂糖の代用品として利用することで摂取カロリーを抑える効果や、虫歯を予防する効果が認められています。 野菜や果物、牛乳などに含まれていますが、健康効果が期待できる十分な量を摂るのは難しいため、甘味料として摂取されることが多い栄養素です。

オリゴ糖が便秘に効く理由

消化されずに腸まで達したオリゴ糖がビフィズス菌のエサになって分解されると、乳酸などの有機酸が発生します。すると、腸が刺激されて蠕動運動が活発化になるので、便秘が解消されやすくなります。また、有機酸が増えると腸内環境が酸性に傾き、アルカリ性の腸内環境を好む悪玉菌が生息しにくくなる代わりに善玉菌が増殖しやすくなるため、腸の働きがさらに向上して便秘の予防・解消に役立ちます。
これらの作用が期待できる難消化性のオリゴ糖は、フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖などです。最近ではヘルシーな甘味料として市販されているほか、機能性を重視する食品などにも添加されています。

おなかの張りで悩んでいませんか?
お願い 正しい便秘のケアを行いましょう

大半の便秘は排便機能の障害により起こる「機能性便秘」であり、症状が軽い場合、食事や運動などの生活習慣の改善によって解消されます。しかし、病気や疾患などが原因である「器質性便秘」の場合や、重度の便秘は専門医の診断と治療が必要です。誤った便秘のケアを続けることは腸閉塞等の原因となる可能性があります。便秘の正しいケアのためには必ず専門医の受診と、継続的な治療や健康的な生活習慣の維持を行ってください。



ページトップへ