DANONE

お知らせ

NEWS

日本記念日協会が登録認定、8月10日は、「ダノンBIOの日」 これからも、ダノンビオは、日本の皆さまのおなかの健康とおいしさをお届けしてまいります。

2018.08.09 ダノンビオ 商品・ブランド 企業情報

ダノンジャパン株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:ルイス ファリア・エ・マイア)は、   このほど、810日を「ダノンBIO(ビオ)の日」とすることを一般社団法人日本記念日協会に申請し、記念日として正式に登録認定されました。

■8月10日は「ダノンBIOの日」
2002年に日本で初めて発売された「ダノンビオ」は、今では多くの人々から「ビオ」の愛称で親しまれている、高い認知度を誇るヨーグルトブランドです。ブランドロゴの「BIO」は、世界中から集められた 4,000種類の菌の中から選び抜かれたダノン独自の “生きたまま腸に届く“ 高生存ビフィズス菌「BE80」が配合さていることが由来です。日本上陸16年目を数える今年、「ダノンビオ」では今後もさらに日本のお客さまの “おなかの健康とおいしさ” をお届けしていくことを宣言し、「ダノンビオの日」として記念日登録を行いました。なお、記念日の日付は、ブランドロゴの「BIO」が数字の「810」と見えることから、810日を「ダノンBIOの日」としました。

ダノンジャパンでは、「ダノンBIOの日」制定に合わせて、管理栄養士・栄養士に対するアンケート調査を実施し、5割以上の方がヨーグルトや発酵を取り入れた腸内活動を日常的に実施されていることがわかりました。アンケートの詳細は、次ページにてご参照ください。

日本記念日協会が登録認定、8月10日は、「ダノンBIOの日」 これからも、ダノンビオは、日本の皆さまのおなかの健康とおいしさをお届けしてまいります。

【管理栄養士・栄養士577人の腸内活動ライフ(アンケート調査)】
ダノンジャパンでは、2018728日(土)~29日(日)に横浜で開催された「平成30年度全国栄養士大会」に参加し、当社出展ブースでアンケート調査を実施しました。

ほぼ8割が、「腸内環境に自信あり」
管理栄養士・栄養士の79%が自身の腸内環境は「良好、または特に問題がない」と感じています。

ヨーグルトや発酵を取り入れた 腸内活動を「日常的に!」
その理由としては、51%が「日常的に(腸内環境に配慮したことを実践)している」と回答していることからも示唆されるように、ほぼ毎日、腸内環境を意識したライフスタイルを送られていることが見てとれます。また、実践している腸内活動の具体的な内容を聞いたところ、主に「ヨーグルトを食べる」「ヨーグルトなどの発酵食品を食べる」とした自由回答が多く寄せられました。

管理栄養士・栄養士のヨーグルトの喫食頻度の実態は、45%が「ほぼ毎日食べいている」とし、「週34日程度」の28%と合わせると実に73%もの管理栄養士・栄養士が、腸内環境への配慮としてヨーグルトを選択肢の一つとしていることがわかりました。

日本記念日協会が登録認定、8月10日は、「ダノンBIOの日」 これからも、ダノンビオは、日本の皆さまのおなかの健康とおいしさをお届けしてまいります。

「手軽に、おいしく」が、 腸内活動のキーワード!?
また、ヨーグルトの利点について聞いたところ、トップは「手軽さ」で28%、次いで「おいしさ」(25%)、「腸内環境」(24%)が続きました。
管理栄養士・栄養士は、“おいしい毎日の腸内活動”としてヨーグルトを利用されていることが見てとれます。

「日常的に食べている」 ヨーグルトブランド
最後に、日常的によく食べているヨーグルト製品について自由記述回答で聞いたところ、約3割の管理栄養士・栄養士にダノン製品と記載していただきました。 

日本記念日協会が登録認定、8月10日は、「ダノンBIOの日」 これからも、ダノンビオは、日本の皆さまのおなかの健康とおいしさをお届けしてまいります。

■ダノンビオについて https://www.danone.co.jp/bio/
「ダノンビオ」[1]は、世界 70 ヵ国以上で発売されている世界のトップヨーグルトブランドの一つです。こだわりのクリーミーなおいしさと、 毎日楽しめる豊富なフレーバーが特長で、“生きたまま腸に届く”ダノン独自の高生存ビフィズス菌「 BE80」 が配合されています。
日本では、2002年に「ダノンビオ プレーン・加糖」が発売され、同製品は、2016年に「おなかの不快感をやわらげるヨーグルト」として機能性表示食品として届出されています。また、日本のお客様のニーズを先取りしたさまざまな果実のフレーバー製品が季節毎に発売され、定番のストロベリーやブルーベリーの他、柿や梨といった日本の果物シリーズ、さらにはチアシードが入ったスーパーフードシリーズなど、常時1520製品のラインナップで、飽きることなく続けられるヨーグルト習慣の定着をサポートしています。
ビフィズス菌「BE80」 は、胃酸に強く生存率が高いため、“生きて腸まで届く”高生存ビフィズス菌として知られています。

¹海外ではActivaという製品名で展開

■ダノンビオのページはこちら

2018 年08 月09 日
ダノンジャパン株式会社