カルシウムと子供の成長

お子さまの成長に欠かせない栄養素であるカルシウム。骨の成長とカルシウムの関係をお伝えします。

カルシウムの
役割は?

骨や歯の構成成分になるのはもちろん、筋肉を収縮させて心臓の鼓動を保つ。神経の興奮を抑えて精神を安定させるなど、お子さんの成長に必要な成分です。

カルシウムを
多く含む食品は?

牛乳、乳製品、煮干し、干しえび、ししゃも、だいず製品、みずな、こまつな、大根の葉、海藻類に多く含まれています。

一日にどの位の
カルシウムを
とればいいの?

1~2歳の幼児が必要なカルシウムの摂取量は推定平均必要量350mg/ 日、推奨量400mg/ 日と言われています。

日本人はカルシウム不足?

平成18 年の国民健康・栄養調査の結果によると、ほとんどの年代で日本人のカルシウム摂取量の平均値は、摂取基準の目安量を下回っています。

カルシウムは吸収率が悪い栄養素のひとつなので、十分な量を摂取する必要があります。戦前などに比べ、牛乳やヨーグルトなどの乳製品の摂取量が増え、日本人のカルシウム摂取量は次第に増えているといわれますが、それでもまだ不足しているのが現状です。

子供のための
カルシウム摂取法

成長に必要なカルシウムを満たすポイントは、「十分な量を摂取する」「吸収および利用効率を高める栄養素をバランスよく摂取する」「正しい生活習慣を身につける」の3 点です。
幼児に必要なカルシウムの量は表のとおり。吸収率を高める栄養素はビタミンD で、吸収されたカルシウムが骨にとり込まれるのを助けるのはビタミンK です。そして、食生活以外の生活習慣で重要なのは、睡眠と運動です。「寝る子は育つ」の言葉どおり、骨を成長させる成長ホルモンは寝ている間に分泌されます。適度な運動は、筋肉をつけるだけでなく、骨を丈夫にするのに効果的。また、紫外線によってビタミンD が作られるので、外で元気に太陽の光をたくさん浴びながら遊ぶのも大切です。

牛乳はカルシウムが豊富?

牛乳には100gあたり110mg のカルシウムが含まれています。牛乳に似た飲み物として利用される豆乳のカルシウム量は100gあたり31mg。そのほかの一般的な飲み物と比較しても、牛乳は群を抜いています。またプチダノンも牛乳100g に相当するカルシウムが含まれており、お子様のカルシウム摂取に最適です。

一度に食べる量でのカルシウム含有量(mg)の比較

自然の恵み、楽しく食べよ プチダノン

NEWS