タンパク質10g以上

タンパク質10g以上

ラインナップ

ABOUT
PROTEIN
タンパク質について

タンパク質は
なぜ大事なの?

「タンパク質」は、3大栄養素のひとつ。
カラダの約60%を占める水分を除けば、およそ半分がタンパク質で構成されています。そして、筋肉の重要な材料であり、健康的なカラダづくりに必要な栄養素です。

タンパク質は
どのぐらい必要?

スポーツをする人には、体重1kgあたり1日に1~2gのタンパク質が必要だと言われています。さらにスポーツの強度・レベル・トレーニング量などに応じてそれ以上必要になる場合もあります。※1

出典
※1: 上西一弘監修(2019)『新しいタンパク質の教科書 池田書店』
※2: 厚生労働省「国民・栄養調査」(2017)より

  • 出典
  • ※1: 上西一弘監修(2019)『新しいタンパク質の教科書 池田書店』
  • ※2: 厚生労働省「国民・栄養調査」(2017)より

タンパク質は
いつ摂るのが効果的?

筋合成のタイミングに合わせて、できるだけ朝・昼・晩で均等に摂るのが良いと言われています。特にアスリートは1日に4~5回に分け、20g~30gずつ摂取するのが良いとされ、トレーニング後24時間以内の摂取も効果的と言われています。

COLUMN

タンパク質ブーム。 しかし、、、
90年代と比べ摂取量の水準は低下。

最近、一般の方にも重要性が認知されてきたタンパク質ですが、実は90年代から徐々に日本人の1日あたりのタンパク質の摂取量水準は低下傾向にあります。

タンパク質摂取量の年次推移(1歳以上、男女計)

出典
国民健康・栄養調査|国立健康・栄養研究所

タンパク質摂取量の年次推移(1歳以上、男女計)

出典
国民健康・栄養調査|国立健康・栄養研究所

最近、一般の方にも重要性が認知されてきたタンパク質ですが、実は90年代から徐々に日本人の1日あたりのタンパク質の摂取量水準は低下傾向にあります。

タンパク質を
バランス良く摂るには?

高タンパク質な食事は、脂質やカロリーも多くなりがち。バランス良くタンパク質を摂取できる食品は、意外に少ないのです。

※写真はイメージです

100gあたりの
タンパク質・エネルギー・脂質量比較
リブロース

タンパク質:14.6g
エネルギー:541kcal / 脂質:56.8g

※脂身つき、焼き

さば

タンパク質:21.8g
エネルギー:326kcal / 脂質:29.3g

※たいせいようさば、焼き

タンパク質:6.1g
エネルギー:342kcal / 脂質:0.9g

※精白米(うるち米)

出典
八訂 日本食品標準成分表

※写真はイメージです

オイコスの特徴

オイコスの特徴

#ジブン追い越す スポーツするすべての人に、
ジブンを追い越すチカラを。

COLUMN

オイコスに含まれる
ミルクプロテインの力

ヒトが体内で作れない必須アミノ酸BCAA (分岐鎖アミノ酸)が多く含まれます。

※八訂 日本食品標準成分表ヨーグルト(脱脂加糖)比

吸収タイミングの異なる2種類のタンパク質が含まれるため、
速効性(ホエイタンパク質)と持続性(カゼイン)の両方に優れています。

オイコスは、ホエイタンパク質とカゼインの両方を摂取できます。
オイコスは、ホエイタンパク質とカゼインの両方を摂取できます。

出典
Lacroix et al., 2006

AMBASSADOR
アンバサダー

MIHO NONAKA

野中 生萌 / プロクライマー

世界のトップレベルで活躍するスポーツクライミング選手。16歳で初めて日本代表入りし、数々の国際大会で優勝をおさめる。
負けず嫌いな性格と繊細かつダイナミックなムーブが持ち味。「ただ強いクライマーになること」を目標に、日々、ジブンを追い越すために奮闘中。目指すは世界の頂点。

  • Twitter
  • instagram