朝食の大切さ

朝ごはんはバランスよく!

丈夫な骨をつくるために必要なカルシウムやビタミンD。大切な栄養素をとるためには、好き嫌いをせず、バランスのよい食事を心がけることがポイントです。

主食、主菜、副菜は、それぞれ役割が異なります。3つをそろえて食べることで、さまざまな栄養素をまんべんなくとることができます。

朝ごはんを
しっかり食べているかな?

引用元: 厚生労働省 平成28年「国民健康・栄養調査」

最近、朝食を食べない人が増えています。

朝ごはん、どうして
食べなくちゃいけないの?

という経験は、ありませんか? 朝ごはんを食べないと…

エネルギー不足

寝ている間にも、体はエネルギーを使っています。そのため、朝はエネルギー不足の状態。朝ごはんで補充する必要があります。

体がお休みモード

朝、起きてボーっとしてしまうのは、寝ている間に体温が下がったから。

朝ごはんを食べると体温が上がり、体が活動モードに切り替わります。

体内時計がずれたまま

朝ごはんによる刺激と、太陽の光を浴びることで、体内時計のズレが直ります。

心身のリズムがととのい、元気な1日を過ごすことができます。

朝ごはんの習慣と
学力・体力は関係ある?

朝ごはんを食べる習慣がある子どもの方が、
学力や体力のテストの点数が高い傾向があることが、国の調べでもわかっています。

朝ごはんは、1日をスタートさせるために必要な栄養素を補うために欠かせないものです。脳の唯一のエネルギー源となるブドウ糖や、体が活動するために体温を上昇させるたんぱく質、たんぱく質の体温上昇作用を助ける脂質、また、糖質やたんぱく質、脂質が、上手く体の中で使われるように補助するビタミンやミネラルなど。

朝食を食べないでいると、体はしっかりと働かずに、ダラダラと午前中を過ごしてしまうことになってしまいます。

忙しい朝でも、ヨーグルトなら簡単&手軽。ヨーグルトで1日を
元気にスタートさせましょう!