ダノンジャパンの歴史

  • [1980]日本市場に参入、「味の素ダノン株式会社」を設立
  • [1982]チルド乳製品事業を開始、 「プチダノン」を発売
  • [1984]ウォーター事業を開始
  • [1992]「カルピス味の素ダノン株式会社」を設立
  • [1993]「ベビーダノン」発売
  • [1998]「ダノンヨーグルト」発売 「公益財団法人ダノン健康栄養財団」を設立
  • [2000]FIFA公認の国際サッカー大会「ダノン・ネーションズカップ」を開始
  • [2002]「ダノンビオ」を発売 「館林工場」を設立
  • [2007]「ダノンジャパン株式会社」を設立 (「カルピス味の素ダノン株式会社」が100%子会社としてダノン傘下に入り社名を変更) 「ダノンジャパン キッズデー」を開始
  • [2010]「バングラデシュkizunaプロジェクト」を開始(2015年終了)
  • [2011]「ダノンデンシア」「ダノンビオ ドリンク」を発売
  • [2012]「ミネロ・パイロット・ファーム・プロジェクト」を開始(2015終了)
  • [2015]「ダノンオイコス」を発売
  • [2016]フード・バンクとのパートナーシップを開始 館林工場における廃棄物のリサイクル買収を可能とする「リサイクル・センター」の稼働を開始


ページトップへ