B CORP

B Corp認証

ダノンは、2030年までに達成する 9つの目標を定めています。その中の一つが、B Corp認証の取得です。ダノンは、2025年までに世界中のダノンの子会社がB Corp認証を取得することを目指しています。2020年にダノンが「Entreprise a Mission」になったことによって、この目標を単なる目標ではなく、企業として成し遂げるべきものであると定義しています。

ダノンジャパンは、⽇本の大手消費財メーカーそして⾷品業界で初めて、2020年5⽉にB Corp認証を取得しました。

B Corpとは?

B Corpは、米国のペンシルベニア州に拠点を置く、非営利団体B Lab (Bラボ)が運営する国際的な認証制度で、社会や環境に配慮した事業活動において一定の基準を満たした企業のみに与えられるものです。B Corp認証は2006年に米国で始まり、世界標準の「良い会社」の証として、今日では経済的な成功と、環境と社会の大きな目標を合わせて達成したいと考える企業が取得を試みる、世界的な運動となっています。

B Corpの「B」は、英語の「Benefit(ベネフィット:便益)」を意味し、株主だけではなく、従業員や顧客、社会や環境に対して等しく便益を生み出すことが企業の成功であるとされています。

取得を試みる企業は、以下の5つのカテゴリーで、200以上の質問からなるBインパクトアセスメント調査表に答え、200ポイント中合計で80ポイント以上を獲得する必要があります。
1. ガバナンス(ミッションとエンゲージメント、倫理と透明性、ミッションの締結)
2. 従業員(経済的安定性、従業員の健康とウェルネスと安全、キャリア開発、エンゲージメントと満足度)
3. コミュニティ(多様性、公平性とインクルージョン、経済的影響度、市民参加と支援、サプライチェーン・マネジメント)
4. 環境(環境マネジメント、大気と気候、水、土地と生物多様性)
5. 顧客(顧客管理)

認定期間は3年間となり、取得してからも常に上記5つのカテゴリーへのコミットメントを行い、改善を続ける必要があります。

2015年以来、ダノンはB Labと協力し、B Corp運動を加速させてきました。B Corpとしての認定を受けるこの流れは、1972年にダノングループ初代CEO、アントワーヌ・リブーが「社会の発展なくして、企業の成功はない」という、ダノンの「デュアル・プロジェクト」を提唱してから、ダノングループが継続的に取り組んでいる長年のコミットメントの表れです。

ダノンジャパン x B Corp

こちらが、ダノンジャパンをB Corpに成らしめた要素の一部が一目でわかるインフォグラフィックスです。(2019年のデータに基づく)

ダノンジャパンの取り組みを、Bインパクトアセスメントの5つのカテゴリーにそってご説明します。

GOVERNANCE

ガバナンス

従業員にUNITAR(国連のトレーニング機関)と連動したダノンのビジョンであるOne Planet. One Healthに関する研修を行い、自社のビジョンを浸透させ、戦略的アクションに繋げるサポートをしています。また、従業員に株を付与し、経営陣にフィードバックをする機会をもつことで、ともにダノンを築く文化を醸成するとともに人事評価制度においてビジョンとミッションを連動させ、従業員がミッションを遂行する仕組みがあります。

日本の皆さまのニーズに合った製品をお届けしたい。健康的で豊かな食生活に貢献したい。
その思いから、ダノンジャパンは以下の3つのお約束をしています。

  • 素材へこだわります
    すべての製品において、厳選された原材料にとことんこだわる形で製品をお届けします
  • 原材料に関する情報発信を強化します
    製品に使用している原材料の原産国をお客様相談室でお答えします
  • 引き続き、日本の皆さまの栄養ニーズにお応えできる製品を開発します
    栄養補助に必要なカルシウムやビタミンDなどを強化します

WORKERS

従業員

従業員のライフスタイルに合わせた働き方を提供するため、2014年から、”Work from Anywhere”制度を導入しました。年次有給休暇の他、柔軟性のあるワークライフバランスを提供するため、様々な特別休暇(ファミリーデー休暇、ボランティア休暇等)を提供しています。また、様々な状況に合わせ、柔軟に追加のベネフィットを検討し、従業員をサポートしています。

健康増進を⽬的に、 2012年から従業員向けダノンワールドカップを隔年で開催しています。

安全衛生推進プログラムWISE2を2007年からスタートさせ、従業員の安全衛生改善を行っています。また、ダノン製品をいつでも無料で食べられるように職場に用意し、社員の健康を促進し、健康やウェルネスを促すため、ジムメンバーシップやスポーツクラブ、レジャー活動等の助成金を提供しています。

従業員1人あたりの年間平均学習時間は、平均14時間です。従業員は2,000コース以上のオンライン・オフライン研修を提供するダノンアカデミー(※HR確認中)を通じて、必要なスキル・知識を習得できます。また、リーダーシップスキルの向上のため、特定の人材向けに認定マネジメント研修を提供しています。

COMMUNITY

コミュニティ

ダノンジャパンの経営メンバーの女性比率は50%です。また、ダノンジャパンのマネジャーのおよそ3分の1が女性となっており、管理職内ので男女間の賃金格差はわずか2%となっています。

ダノンジャパンで働く従業員の国籍は、19か国となります。

地域社会や他企業の皆様と連携する形で健康寿命延伸への取り組みに参画しています。また、公益財団法人ダノン健康栄養財団を通じて、食育活動など健康と栄養に関する情報を社会に提供し、人々の健康増進への取り組みを行っています。

健康増進を目的に、2001年よりFIFAの公認するルールに基づいて行われる、小学生の国際サッカー大会「ダノンネーションズカップ」の日本大会を開催。2018年から女子チームの大会も開催しています。

ENVIRONMENT

環境

廃棄物のリサイクル買取による経費削減、廃棄物分別作業での障がい者支援団体との連携による地域社会への貢献、廃棄物の大幅な削減による環境への負荷軽減など、ダノンジャパンが目指すサーキュラー・エコノミー(循環型経済)の基礎となる活動を 2016 年に開始しました。また、グローバルのダノンは、2025年までに製品パッケージの100%を再利用可能、リサイクル可能、または堆肥化可能にすると約束しています。

ダノンは2050年までにバリューチェーン全体でカーボンニュートラルになることを目指しています。
カーボンニュートラルを達成するための戦略:(1)排出量を削減し、農業慣行を転換して、地面により多くのカーボンを隔離(2)サプライチェーンから森林破壊を排除(3)残存する排出量を相殺。

また、2019年に非営利組織のCDPよりトリプルA認定を受けました。これにより、ダノンは世界的な環境リーダーとして認められ、CDPによってトリプルAスコアを獲得した6社の1つになりました。

CUSTOMER

顧客/消費者

ダノンジャパンは2011年に日本の乳業界で初めて食品安全マネジメントシステムの国際規格FSSC22000を取得しました。
製品における保存試験を行い、食品安全と品質の安定性を評価することにより、当社の発酵乳製品(ヨーグルト)の賞味期限は製造後33日または39日としています。

全てのダノン従業員は、ダノン独自の品質向上プログラム“iCare (2016年から)”に基づき、お客様相談室から共有されたお客様の声を、真摯に受け止め、常に改善に取り組んでいます。

ダノンジャパンは引き続き、B Corpであり続けられるよう、様々な面で改善を続け、皆さまが知りたい情報を積極的に発信していきますので、ぜひご感想やご要望などを、お客様相談室(0120-409-610)までお寄せください。